トイプードル

トイプードルの甘噛みを改善させる方法

トイプードルに限らず、健康な子犬であれば甘噛みというくせは必ず起きることです。
甘噛みをしてしまう理由としては、じゃれていたり、力関係を探るためだったり、注意をひこうとしていたりと様々です。
身体的なもので言えば、歯の生え変わりで痒いという理由もあります。
トイプードルなど犬の甘噛みというのは歯が完全に生え変わったり、成犬になると自然とおさまります。
しかし、トイプードルが甘噛みを始めた当初はきちんとしつけておく必要があります。
まず、手足を噛まないようするしつけをします。
トイプードルというのは非常に賢い犬種なので、きちんと教えたら必ず覚えます。
そのため、何を噛んではいけないのかという部分をしっかり教えておくことが重要です。
効果的なしつけ方法は噛んだら痛いということを教えることです。
手足を甘噛みされた時に大きな声で痛いとはっきり伝え、不快だということを伝えてください。
そして、いけないということを目を見て伝えます。
そうすることによって徐々に理解してくれます。